舞ビデオ ハイビジョンの説明



ハイビジョン広告-2.jpg

クリックでお問い合わせ案内へ移動します





ハイビジョン (Hi-Vision)

ハイビジョンとは 従来の画像より、更に高精細な画像です。
画面の縦横比は人間の視野に合わせて、
標準(4:3/従来のブラウン管テレビ)よりも横長な16:9です。
今の薄型な横長テレビに合う画面比なので、ハイビジョンカメラで撮影した映像(ブルーレイ)は、鑑賞される際に映像が引き伸ばされることがありません。

テレビテレビ

「地デジ」という言葉がありますね。「地上デジタル」の略です。
2011年7月24日、日本のテレビ放送は全局アナログ放送が終了し、地上デジタル放送への移行が実行されました

アナログ放送デジタル放送の違いはご存じでしょうか?
アナログ放送(現在は視聴することはできません)は、従来のブラウン管テレビで見る分には綺麗に映りますが、地デジ対応の最近の横長テレビ(液晶テレビ/プラズマテレビ)で見ると粒子が粗くなり画質が落ちてしまいます。


お手持ちのDVDを今のテレビで御覧になられた時
「前のテレビでは綺麗だったのに、今のテレビはきたなく見える・・・」
と感じた方もいらっしゃると思います。

標準撮影されたDVDを横長テレビで見ると、上で説明したアナログとデジタルの違いの様に、雲泥の差で粗く見えてしまうのです。


ブルーレイはDVDの5倍以上の記録容量があります。
容量が大きいので、ディスクにはよりたくさんの情報を入れることができます。
映像の粒子も細かく表現でき、大きな画面にも対応します。
これによって画質も地デジ同様に、ぼやけることなく鮮明に映ります。
音声も、よりクリアに収録できるようになります。
どちらも同じディスクに見えますが、この違いが差で出てきます。

地デジ化に伴い、これからの時代はブルーレイが主流になっていきます。
横長テレビがご自宅にあり、ブルーレイデッキ(再生機)をお持ちの方はブルーレイをお薦めいたします。
もちろん、VHS DVD での御注文も承っております。

せっかくデッキをお持ちの方は是非、ハイビジョンで。
舞姿をより美しい映像と音で御覧になってください。


一部引用:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』








CRA39-2.jpg
CRA39-2.jpg